counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前未来的語り部

懐かしい現在

普通の人じゃなくなる方法

簡単なことだ。普通ではないことを繰り返せばいいのだ。普通の人が踏み出さないはずの「はじめの一歩」と「あと一歩」を踏み出し続けることだ。

それは意識的努力する場合もあれば、無意識の内にやってしまっていることもある。

前者は努力家であり、後者は変人か天才である。

無意識のうちに人と違ったことができない人は凡人である。別に蔑んでいるわけではなく理屈を言っているだけだ。無意識にできない人は意識して「人並みでない努力」をしなければ「普通じゃない人」にはなれない。しかし、普通だった人が普通じゃないレベルの努力をすれば、まず間違いなく事業家としては成功するだろう。

かつては普通の人であったが故に、この世界に住む大多数の「普通の人の欲求」を既に知っているからだ。大勢の欲望を良く知り、ルールを守れる中で圧倒的な能力を持つ人は、イノベーションを起こしたり、世界一のスポーツ選手になったり、前衛的な芸術家やアーティストにはなれないだろうが、それ以外の分野ではまず間違いなく成功する。

それが普通の人の強みだ。普通の人が普通じゃないくらい努力すれば成功(もっと率直に言えば、金と地位と信頼のことだ)を得られる可能性が非常に高い。

ではその一方で、無意識に普通の人がやらないことを出来てしまう人はどうだろうか。前述したとおり彼ら彼女らは変人か天才である。この人たちはハイリスクハイリターンの人生でもある。イノベーションを起こしたり大記録を打ち立てたり大スターになるのは間違いなく彼ら彼女らだが、世間に認められない可能性もまた大きい。また中途半端な結果で終わってしまうと、同じ努力レベルで普通の人生を歩んでいる人よりも失敗と見なされ、安定した収入も入りにくい。変人であるが故に、社会の中で生きて行くには普通の人より苦労しなくてはならないという欠点もある。

天才と凡人、どちらが幸せか問われたら答えに窮してしまう。

天才には天才しか分からない苦労があり、凡人には凡人にしか分からない苦しみがある。ただいずれのタイプにせよ、普通の人じゃなくなるのに必要なことはただ一つだけだ。

「普通の人がしないことをすること」である。

それは一世一代の決断である「はじめの一歩」かもしれないし、目の前のルーティンの負荷に「あと一歩」を加えることかもしれない。人より圧倒的に一つのことについて考えたり、人より圧倒的に手と足を動かすことなのかもしれない。人より多くの人と話したり、人より深く自分と向き合うことかもしれない。

普通の人がしないことをやらない限り、人は普通のまま終わっていく。

凡人と普通は違う。凡人でも努力次第で結果を出すことはできるが、普通の人は文字通り普通である。

別に普通であること自体は全く悪いとは思わない。普通じゃなくなることを押し付けるべきではないし、普通で幸せならそれで十分だとも思う。

でも、もし普通のままで終わりたくないと思っているにも関わらず普通のことしかやっていない人がいたとしたら、それは筋違いというものである。

結果的に見れば、この文章はそういう人のために書いた事になる。