counter

前未来的語り部

懐かしい現在

FoZZtoneが音楽シーンを(一時的に)去ったことについて〜活動休止を嘆く〜

日本人は、EXILEAKB48ばかりにかまけている間にFoZZtoneという偉大なアーティストを損なったのだと思う。これは想像以上に悲劇である。だって、FoZZtoneですら活動休止したのだから、他の才能のあるアーティストたちのどれほどの芽が摘み取られたのだろう。

FoZZtone「Stomp the Earth」「Return to Earth」特集 渡會将士インタビュー (1/3) - 音楽ナタリー Power Push

この記事にはこう書いてある。

>結成して10年やってきて、「ああこの感じか」っていう。「Reach to Mars」は自分ら的にはかなり画期的なアルバムで、これはウケてほしいなあと思ってて。リリース後は毎週毎週、「今日何位ですか」「今日は売り上げどのくらいですか」「何枚ハケましたか」みたいに聞いてたんですよ。でも売り上げが爆発的に変わるっていうことはなく……まあ当然なんですけど。別にいい音楽作ったからって万人が聴いてくれるわけでもなんでもないので。でもやっぱり「あれ、あんまり今までと売り上げ変わってねえぞ」「どういうことだろう」っていうのはあって。前よりもさらにいいものを作っていってるという自信と売り上げが比例していかないのが、ちょっとストレスになったのかもしれないですね。

 

大局的に見れば彼らが活動休止した原因は、この「自信と売り上げが比例しないことによるストレス 」だ。自分らの才能を信じ「良い音楽を作っている」という確信がある中で、嫌でも「伸びない売り上げ」という結果を突きつけられる背理に苦しんだのだ。

だが、FoZZtoneには一定数の熱烈なファンもいるし、双方向的な充実したライブするし、「こんなに質の良いファンはいない」と周囲の音楽関係者から評価され、周りの音楽と比較してみても彼らの音楽はオリジナリティー溢れているし、クールでホットで、気品がある中にも感情をさらけ出す激しさが共存し、村上春樹と親和性があるFoZZtone独自の世界観が厳然と存在し、手癖による同じような毛色の曲は嫌い、常に新しい音楽を作り続けて来た。

極めて主観的な感想ではあるが、この人たちの音楽は「どう考えても(聴いても)オリジナルで新しい良質な音楽」なのである。もちろん人によって好みや感性は違うのだから、全員が彼らの曲を聴いて感動しファンになるべきだと言いたいわけではない。

しかし、現在の音楽シーンの多様性について考えたら、彼らの音楽が排除されるのはこの国の音楽的事情において極めて非合理的な結果なのではないかと嘆いているのである。

テレビや、街中のつけ麺屋や牛丼屋などで流れている「今の音楽」は消費的なものが多いように感じる。

大きなレコード会社が「売れそうな曲」ばかりを押し出し「聴くべき曲」から目を背けた結果、広告する音楽が大衆に迎合するようなチープなものばかりになり、FoZZtoneのような自由で実力があり、才能のあるアーティストが認められる土壌が育たないのではないかとどうしても思ってしまうのである。

確かに、FoZZtone自身の実力がまだまだ不足しており、マーケティングに失敗したんだ、という反論も考慮しなくてはならないであろう。だが、まともな音楽的感性を持っている者なら誰だってその実力を認識できるはずであり、マーケティングに関してもインディーズバンドとしては十分に行って来て、それで10年やってきた。そして、広くは認められることはなかった。

これはもはや敗北感を通り越して、違和感がある。

 

どうして彼らが去らなければならなかったのか。

 

そのような悔しさが頭から離れない。運が悪い、の一言で片付けられることなのか。彼らのようなアウトサイダーが遂にアウトサイダーのまま終わってしまうのは、自然の摂理なのか。それとも

「何がインで何がアウトか

決めるのはいつも単純にして明快

money Get some money」

 

資金不足か。(結局金なのか)

 

明快な理由は今の僕には分からないし、きっと「明快な理由」なんてものはなくて、色々な要因が複合的に彼らのモチベーションを損なう結果となったのだろう。

そうなった結果を僕は今変えることはできない。でも今後、この世界を「FoZZtone(のようなアーティスト)が気持ちよく駆け抜け続けられる音楽シーン(その他諸々のシーン)を内包する世界」にしていくことはできるのでないかと思うのだ。

僕はそのために仕事をしていきたい。

この世に健全な多様性が続き、彩り豊かなコードが鳴り響いている世界。

そんなNew Worldを築いて行きたいのだ。

 

その方法を考えている。やれやれ、とここでは言わない。

 (おすすめの3曲)

 

 


FoZZtone『口笛男』下北沢GARDEN20140923 - YouTube

 


【MV】Stomp the Earth / FoZZtone [official] - YouTube


アウトサイダー - FoZZtone @下北沢Garden (2014/9/23) - YouTube