counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前未来的語り部

懐かしい現在

JAZZは解説を読みすぎてはならぬ

最後までわからないのがJAZZという音楽なのだろう。インプロヴィゼーションという文化が僕の集中力を曲の最後まで保たせてくれる。おそらく演奏者自身が即興で演奏する際に、並々ならぬ緊張感を持ってその場で音楽を創造している空気が、自分の身体にも伝播するのだろう。

これはすごい音楽だ。こんなものがあったのか。今はそういう気持ちである。この新鮮な気持ちを持てるのは、JAZZというジャンルに没入し始めたこの入門時だけだと思うので、この勢いのまま色んなアーティストたちの曲を聴いていきたいと思う。

ただしあまり解説を読みすぎるのはよそう。どうしても僕は曲や絵の解説を読むのが好きで、作品の中に意味を求めたくなってしまうのだが、そうなってしまっては本末転倒である。作品を引き立たせるための解説であって、その逆ではない。故に楽しむ順番として正しいのは「作品→解説」なのである。(まあ、ほとんどの人はそうやって楽しんでいると思うが)。

僕は頭でっかちになりがちなので、その点は日頃注意を払っておかねばならない。

この分野の色んなプレイを聴きたいと思う。しかし焦ってはならない。音楽は聴きたいものを聴けばいい。コーヒーは飲みたいものを飲めばいい。自分の身体が要求してる曲を聴いていればいいのだ。

ビル・エヴァンズを聴きたいとき、チャーリー・パーカーを聴きたいとき、ソニー・クラークを聴きたいとき、上原ひろみを聴きたいとき。

JAZZにマニュアルなんてないし、ましてや学問でもないのだから、どうやって知識を深めて行ったって構わないはずだ。強いてポイントがあるとすれば、曲を聴くときはなるべくスピーカーで聴くということだ。レコードを聴ける環境は場所と金銭の問題で整えられないが、少なくともBOSEのプレーヤーはあるので、それを使わない手はない。

やはり音楽は身体で聴いてなんぼである。身体で聴いた感覚を持ち歩く気持ちでイヤホンは使用したい。

僕の大好きな二曲を載せて筆を擱くことにする。

 

www.youtube.com

www.youtube.com